料理

2018年05月05日

パン床をつくる

「パン床」の存在というのはたしか、あつみさんと、その当時アストラハンに住んでいたサトコさんに教えていただいた。「糠床」のかわりに「パンどこ」をつくり、「ぬか漬け」ならぬ「パン漬け」をつくる。

当時ロシアに住んでいて、漬物は塩漬けぐらいしか手に入らず、野菜を生で食べられる漬物に飢えていた。

今は日本にいるのでもちろん「ぬか漬け」の材料も手に入るし、ぬか漬け用の壺も琺瑯容器も簡単に手に入るし、ぬか床を育てようと思えば作れるのだけれど、そして鰹節とか昆布とか、釘の代わりに入れる「茄子の色をよくする鉄で出てきたナスビみたいなの」とか、「ぬか床から水を吸い取る穴のあいた陶器」とかももちろんすぐ手に入るのだけれども、「ぬか漬け」をめぐる言説にはぬか漬けを愛するその道のプロの方たちが積み重ねてきたノウハウが色々ありすぎて、なんだか色々調べていると重い腰が上がらなくなってしまった。

コメを食べる民族のサガというのだろうか、ぬか床(つまり米からできている)を腐らせたら申し訳ないというような妙な信仰というか恐怖心がある。要は敷居が高くてめんどい(もちろんパンや小麦が腐ってもいいというわけではない)。



***

ちょうど幹事長に缶ビールをただいたので(ちょっといいやつ)

パンを買ってきて、ビールをチビチビ飲みつつつくることにした。

あまり飲みすぎるとパン床につかうぶんのビールがなくなってしまう。

食パン 6−8枚  

タッパー

ビール 1缶 昨日の残りでもいい 200〜350mlぐらい

塩 大匙3

***

パンをちぎってビール・塩と混ぜる

→屑野菜を入れて冷蔵庫で一晩

→キュウリとか茄子とかまるっと入れて、半日〜一晩つける。

一日1回まぜて、3〜4か月もつらしい。パン床が減ってきたらパンを足したり塩を足したりする。

高級パンである必要はないけど日本のパンは添加物多めなのでパン屋で8枚切り200円台のを買ってきた。麦とか黒パンぽいもののほうがなんとなく好きなので茶色っぽいのを買った。

余談だけれども日本で売っている、ビニール袋で密閉されたパンの多くが「かんたんには」くさらなくて、それはとてもおかしなことだとおもう。


bread-196511_1920



coloro at 00:06|Permalink

2018年05月03日

金時豆のハンバーグをつくる

ひよこ豆のハンバーグに続いて、今日は金時豆のハンバーグをつくった

レシピ

**ハンバーグ小8個ぐらい

金時豆の水煮(400gぐらい)

→ざるにあけ、水で洗って塩分をとる。ボウルに入れ、おしゃもじで潰す

塩、コショウ  しっかり味付けする

ハンバーグに入れるようなスパイス 入れたければ

片栗粉、小麦粉など 大さじ3−5 ( 強力粉しかなかったけど問題なかった)

卵 1個(ビーガンならここを山芋のすりおろしとかにする)  粉があればなくてもいいらしいけれども卵を入れた方がハンバーグっぽい感じが出るしよくまとまる

玉ねぎ半分〜1個→みじん切り

シイタケ1〜2個 →みじん切り

以上をよくこねる。ハンバーグ型に成形して、しっかり油を引いたフライパンで中火〜弱火で焼く。蓋をして強火で焼いて焼き目が付いたら、水を入れて中火〜弱火で蒸し焼きにする。

今日はシイタケの肉詰めもつくってみました。ああ、おいしかった。

coloro at 00:07|Permalink

2018年04月30日

ひよこ豆のハンバーグをつくる

2日連続モスバーガーに行き、2日ともソイパティにして、マメの新境地を体験。

おんなじようなのを食べたくてひよこ豆のハンバーグをつくる。というかうちの棚には友人M に教えてもらったひよこ豆か金時豆の水煮パックしかない。友人Mいわく、ソルレオーネが美味しいという

ビーガンというわけではないけれども、時々一時的にお肉が食べられなくなることがある。

**ハンバーグ小8個ぐらい

ひよこ豆の水煮(400gぐらい)→ざるにあけ、水で洗って塩分をとる。ボウルに入れ、おしゃもじで潰す

塩、コショウ しっかり味付けする

片栗粉、小麦粉など 大さじ3−5 ( 強力粉しかなかったけど問題なかった)

卵1個(ビーガンならここを山芋のすりおろしとかにする) 片栗粉あればなくてもいい説

玉ねぎ半分〜1個→みじん切り

シイタケとかきのこ類 →みじん切り

以上をよくこねる。ハンバーグ型に成形して、しっかり油を引いたフライパンで中火〜弱火で焼く。フライパンには蓋をするとなおよろし。よくできました。

金時豆でもいいらしい。わお。

coloro at 00:07|Permalink

2017年03月26日

селедка под шубой 毛皮を着たニシン

毛皮を着たニシンのサラダ。


под だからニシンселедкаは一番下なのかしら。




coloro at 08:46|Permalink

2017年02月04日

тёрка(4面チーズおろし器)を買う

тёрка(チョールカ)、というのは4面のチーズおろし器のこと。


picture_pc_5a5e725da3a00f66089a8010b2e22da8





このあいだ、ロシア料理教室にいってきて、

サラダ「毛皮を着たニシン」のつくりかたを習った。

これはビーツ、じゃがいも、マヨネーズ、マリネをした鰊、にんじん、卵などを段々に重ねていくサラダ。










picture_pc_611ff2b53b17ae52314a1d32ab4a018f (1)

















お教室でこのтёркаの、チーズをすりおろすという用途以外の使い方を習って、

これを欲しくなって、

買った。(アマゾンにあった。チーズグレ―タ―ともいうらしい。)

中サイズだと大きすぎるので、ミニサイズ。

それで、ニンジンを買ってきて、キャロット・ラぺをつくる(なぜか最初の料理はロシア料理ではなくフレンチ)。









以下、適当なレシピ。

*材料

にんじん 1〜2本

お酢(米酢、ワインビネガー、ふつうのお酢など) 大さじ3〜5

オイル(オリーブオイル、ごま油、アマニ油など) 大さじ2

砂糖 小さじ1

塩、こしょう 少々

※酢:油の割合は所説あり。大さじ3:大さじ1〜5:2。

つくりかた

1.にんじん1本をこのチーズおろし器の一番大きい目で、じょりじょりとすりおろす。

2. にんじん以外の調味料を全部まぜたうえで、おろしたにんじんと和える。

冷蔵庫で5日〜1週間ぐらいもつ。常備菜に。

picture_pc_1c36bdbb1fdd7c7c5da6ff651a3193f5




coloro at 20:56|Permalink

2016年07月08日

全く人と飲まないのだけど

全く人と飲まないのだけど昨日は甘やかして貰おうときめた日だったので
昨日は芋焼酎にジンにカルーアにいっぱい飲んだ 、、。二日酔い、、。
既に東京の深淵な沼に思考は埋没し せっかく兄に育てていただいた世界的視野(笑)は既に埋没。
ところで次のガイドはかなり高く設定したのだけどこれでいいとお客さんがおっしゃるのでそのままいくことにした
安易に安くすると要望多い時持ち出しがアレなのだけど高くても自分でハードル上げることになるが、それしか実力上げる方法がないし、親含め,3人に聞いたけどそれで良いんじゃと言われた。
そういうわけで電話占いの設定を鯉氏に頼もうかと思ってたけどもう少しこっちに集中しろと出たので電話占いは一旦保留。
「今日は甘やかして貰う日なのでこの蛸(の刺身の燻製)ちょうだい」
「よし、じゃあこの吸盤付きをあげる」


---


既に東京の深淵な沼に思考は埋没し せっかく兄に育てていただいた世界的視野(笑)はあっという間に失われた
全く人と飲まないのだけど昨日は甘やかして貰おうときめた日だったので
昨日は芋焼酎にジンにカルーアにいっぱい飲んだ 、、。二日酔い、、。
ところで次のガイドはかなり高く設定したのだけどこれでいいとお客さんがおっしゃるのでそのままいくことにした
安易に安くすると要望多い時持ち出しがアレなのだけど高くても自分でハードル上げることになるが、それしか実力上げる方法がないし、親含め,3人に聞いたけどそれで良いんじゃと言われた。
そういうわけで電話占いの設定を鯉氏に頼もうかと思ってたけどもう少しこっちに集中しろと出たので電話占いは一旦保留。
「今日は甘やかして貰う日なのでこの蛸(の刺身の燻製)ちょうだい」
「よし、じゃあこの吸盤付きをあげる」
---

ユーリ・テミルカーノフさんと写真を撮った。
とても慈悲の深い方で
団員ひとりひとりの性格を熟知されている(観察結果)。
彼らの、テミルカーノフさんへの、忠誠心がすごくあって、
演奏はのびのびと、そして信じ切っているかんじ。
おててがフワフワでした。
日本・中国公演から戻られたばかりで、「ドウモアリガトウ」とおっしゃってくださった。はあ。フワフワでした(繰り返し)。
(サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団音楽監督兼首席指揮者 Юрий Хатуевич Темирканов, Художественный руководитель и главный дирижёр Академического симфонического оркестра Санкт-Петербургской государственной филармонии )

coloro at 12:43|Permalink

2016年07月06日

きんぴら

昨日の小料理屋ハルカのキンピラはよくできた(当社比)。
花火もできたし、ヨーグルトもクジ引きで当選してもらえた。
話題はナホトカ、ルカシェンコ、プーチン、ヤルタ、ウズレイルウェイ、ヒヴァ。ウズベキスタンのwifi事情。
ウズベキスタンのあのひとは末っ子なので親の面倒を見るため帰ったそうな。
ウズベキスタンは長男じゃなくて末っ子が親の面倒を見るという伝統。
器用で優秀ででも努力しなくて
ちょっと頭おかしいとみせかけて時に破壊的な行動力とステキなパフォーマンスを見せる彼は意外とマトモだったんだねえ、とちょっと驚く。伝統に勝てなかったのだろう、と客人は解説された。
親の決めた結婚はずっと破綻していると聞かされていたけれど最近子どもも二人生まれたそうな。
見せてくれた子どもたちの写真は2011年にサマルカンドからタシケントへのレギスタン号で知り合ったときの若い彼そっくりの顔だった。
私には忘れかける頃に時々頭のおかしいメールしか送って来ないので、いつの間にか父になり、いつの間にか伝統を負おうときめた彼の横顔は私の全く知らない彼の、男としての違う一面だった。ちょっと意外な結末。

13606510_10154944057199908_1582929502997186738_n

coloro at 18:45|Permalink

2014年11月15日

小料理屋ハルカ

叔母から小料理屋ハルカの口コミ\(^o^)/
「海鮮ラタトゥイユのようなトマト煮大変美味しくいただきました。以前ごちそうになったトマトスープもとても美味しくハルカサンのトマト料理最高です」
K先生に弟子入りしてよかった…★

PS
ちなみに入れたのは海鮮ではなく豚肉の謎

coloro at 01:00|Permalink

2014年01月18日

ハイパワーな満月

ハイパワーな満月でしんどい気味だったのだけど、今週は四営業日中、3日もお弁当作ってもらって、身体がしゅうっと整って、持ち直した。偉大。新しいオトモダチもできた。おいしいアンチョビとミートソースで元気元気。来週の遠出もバリ式ヘッドスパも、たのしみ!

1536674_10152537296134908_1734164547_n

coloro at 21:53|Permalink

アップル・オレンジパイと餃子を作りました。

1422376_10152537614034908_452372942_n1422376_10152537614034908_452372942_n

















1606891_10152537614289908_275449732_n

coloro at 19:37|Permalink